YOASOBI「夜に駆ける」YouTubeで注意書き

コンポーザーのAyase、ボーカルのikuraからなる「小説を音楽にするユニット」YOASOBIのデビュー曲「夜に駆ける」のミュージックビデオを、YouTubeで再生する際、注意書きが表示される状態になっている。

出典: www.nikkansports.com

昨年末の紅白にも出場したアーティストYOASOBIの曲「夜に駆ける」がYouTubeから警告を出されているそうです。

YOASOBI「夜に駆ける」 Official Music Video

大ヒットした曲で、僕も子どもと一緒によく口ずさみますが、歌詞をじっくり眺めたことがなく、「YOASABI」で「夜に駆ける」だからなんとなく夜遊びして夜の街を駆け回っている若者の歌かな、と勝手にイメージしてました。
ところが、今回の報道でじっくり歌詞を見てみると・・・

YOASOBI 夜に駆ける

なるほどYouTubeで警告が出るのも頷ける歌詞でした(^^;
この「夜」っていうのは「」のことなんですね。
自殺願望の『君』と結局最後は一緒に夜へ駆けてしまう『僕』。

「タナトスの誘惑」という投稿小説が下敷きになっているそうですが、この歌詞に多感な若者がハマってしまうとちょっと危うさを感じるのもわかります。

まあ、歌詞を云々言い出すと世界中のあっちこっちの曲でいちいち注意しないとならなくなるので(笑)、あんまりこだわらずに全体の雰囲気を楽しめばいいと思いますが。
この曲もいい曲ですよ。

ちなみに、このニュースを見たとき、別の人のヒット曲「うっせぇわ」のことかと勘違いしてました。言葉遣いがこどもの教育に悪い!とか(笑)楽しい曲ですけどね。

コメント