SPRING VALLEY 豊潤<496>を飲んでみたら意外と・・・

昨日テレビのCMで見て飲んでみたいと思ったのが、キリンのクラフトビールSPRING VALLEY 豊潤<496>」。ついこないだ発売されたとこらしい。

芸人がえらく「美味い!」と連呼してたので、ホンマに違うんかいなと興味津々。麦芽が1.5倍だそうで、キリンのこだわりが詰まってるそうな(とホームページには書いてあった)。

実は、いつも飲むアサヒのスーパードライも、キリンのラガーも、正直言うとあんまり味の違いがわかっていない舌音痴の吾輩。

果たしてこのビールなら違いがわかるか!?

早速買ってみた

ちょうど家のビールが切れていたので、帰りにスーパーに寄って、一本だけ買ってみた。
350ml税込み272円!高級!(^o^)

阪急のおしるしが張り付いてるのは気にしない。

飲んでみた

最近ズボラして缶のまま飲むことが多いが、さすがに普通のビールよりちょい高のこのビール、ちゃんとグラスに注ぎましたよ。

なんせ、醸造所〈SPRING VALLEY BREWERY〉で頼むと1杯360ml税込み780円もするビールでっさかいに!

おお、くりーみぃな泡立ち。濃厚な色合い。これはまさにクラフトビール

飲んでみると・・・

おお、これは地ビールやん!

あれ?クラフトビールって地ビールのことやて?

知らんかった・・・(;´Д`)

さすがの私も普通のビールと地ビールの区別は付きますからね。

しかし、この地ビール、めっちゃ濃厚でちょっと苦み走ってるけど、巷の地ビールのような独特の癖はなく、グビグビいけるぐらい飲みやすい

あとアルコール度数6%で、ちょい高なのもあって、意外に酔いが回るのも早し

これは何杯もいけそうな雰囲気ですわ。油断すると危なし(*^^*)

このビールを一言でいうと「グビグビいける地ビール」「グビグビール」ですな!

キリンこだわりだけの値打ちはあると思います!

まあ、癖のない地ビールといわれればそうだけど。

今日の終活

コロナコロナで飲み会もままならぬ昨今、たまにはちょい贅沢して家でこのようなちょい高グビグビールを飲むのもまた良し。

とはいえ、人間というものは社会的生き物ですから、たまに無性に仲間とジョッキを傾けたくなるのも人の本能。

早くコロナ騒動が収まって、自由に飲める日が来ることを祈るばかりです。


コメント