MacBookにキーボードカバーをつけると液晶が傷つく恐れがあるらしい。ではどうするか。

MacBookにキーボードカバーはNG!?

以前、MacBook Airに必須の周辺機器はキーボードカバーだ!って偉そうに書いたのですが・・・

これだけは必須かも。MacBook Airの周辺機器。(追記あり)
MacBook Airの話が続きます。 MacBookの周辺機器としては、昨日のUSBハブよりももっと必須のアイテムがあります。 書自宅やオフィスにMacBookを常置している人にも、毎日持ち歩いてカフェでドヤ顔したい人にも必須...

 

その趣旨は間違ってないものの、実はMacBookにキーボードカバーをつけると液晶が傷つく恐れがあるんですね。すんません、全く知りませんでした。(・_・;)

確かにキーボードカバーをつけっぱなしで持ち運びすると、液晶画面にキーボードの跡がつきます。確かに。そして結構汚い。

 

ならば液晶側に保護フィルムをつければいいかというとそうでもなくて、よけいに液晶を傷つける恐れもあるという。それぐらいMacBook Airは精密に作られているということなんですよねー。

 

キーボードカバーはキーボードをコーヒーなどの飲みこぼしや、キートップの刻印が消えないように保護する役目もあるのでできればつけたいところ。でもAppleも推奨しない以上、これは持ち運びするときに外すことが正解のようです。

Mac ノートブックでカメラカバー、パームレスト、キーボードカバーを使う
カメラカバー、パームレストカバー、またはキーボードカバーを Mac ノートブックで使う場合は、ディスプレイが傷つかないように、ディスプレイを閉じる前にカバーを取り外してください。

 

でもキーボードカバーはあったほうがいい。ならばどうするか。

カバーを付けて持ち運びするべきではないことはわかった。
しかしキーボードの汚損防止やキートップの刻印保護のためにはカバーはあったほうがいい。
ではどうするか。

答えは簡単。Appleが推奨するように、パソコンを閉じるときはその都度キーボードカバーを外せばいいのです。

んなめんどくさいこと・・・とはじめはそう思ってハナから考えもしなかったけど、いざやってみるとそれほどめんどうでもない。要は慣れ

ちなみに、カバーをすぐ外せるよう端っこにテープなどで取っ手をつけるといい感じにサッと外せます。

こんな感じで。おすすめです。

 

キーボードカバーを外して持ち歩いてみて

このところMacBook Airのキーボードカバーを閉じるたびに外して持ち歩いていますが、改めて見るMacBook Airの液晶画面ってこんな綺麗だったのかと驚いています。だって今までは常に画面にキーボードカバーの跡がついていたんで…。

やっぱりキーボードカバーは外して持ち歩くが正解でした。

画面を閉じるときにカバーをサッと外してそのまま両者を重ねてカバンに放り込むのが習慣になれば、外すこと自体は全く苦にならなくなりますよ。

コメント