【宝塚歌劇】いよいよ『夢組』(仮) 始動のようです

今日も暑い日でしたね!

世界を席巻するデルタ株はエアロゾルで空気感染するらしく、布やウレタンマスクでは防御できないそうです。不織布マスクが必須とのこと。アベノマスクは役に立ちませんのでお気をつけください(って使ってる人一人もみたことないけど)。

ちなみに僕が愛用しているユニクロのエアリズムマスクは、布で不織布フィルタをサンドする構造なので、エアロゾル捕獲性能は問題なさそう。ただその分ブ厚いので、夏はとにかく口周りが暑くて往生します…

いよいよ夢組始動

宝塚歌劇第6の組として、以前からOGによる『夢組』構想が囁かれていましたが、いよいよこの9月から本格始動するようですね。

宝塚歌劇団、OGが「第6の組」 万博にらみ即戦力活用
阪急電鉄は宝塚歌劇団の卒業生(OG)による公演を本格化する。歌劇団は花・月・雪・星・宙の5組体制だが、ファンの増加に公演数が追いつかない状況が続いている。2024年の創立110周年や25年の国際博覧会(大阪・関西万博)をにらみ、歌劇団とは別に「第6の組」としてOGを活用したい考えだ。

出典: www.nikkei.com

第一弾の主演は先日退団したばかり、映画ウォンテッドのアンジーばりのしかめっ面でのダンスパフォーマンスが強烈に印象に残る(笑)、元雪組の彩凪翔

9月に日本青年館ホール(東京・新宿)と宝塚バウホール(兵庫県宝塚市)で、第1弾公演「アプローズ~夢十夜~」を主催する。主演は4月まで雪組に男役として在籍していた彩凪翔(あやなぎ・しょう)だ。

出典: www.nikkei.com

宝塚のOGには熱心なファンが付いているケースも多いので、この「夢組」(仮)、まさに往年のファンの夢を実現してくれるものになるでしょう。

小回りがきく組織とのことなので、大物OG夢の共演だとか、現役組ではできないようなトリッキーな舞台も期待できそう。ヅカファンの楽しみが一つ増えましたね(^^)

 

柳生忍法帖チケットとりましたよ

今日一般前売り発売の星組公演『柳生忍法帖』『モアー・ダンディズム!』、午前10時にスタンバイして、無事予定通りB席2階17列目の席を確保しました!中央寄りの通路端っこの席なので、男性でも邪魔になることはないでしょう(意外と気を使うのです)。

来月は雪組シティーハンター星組柳生忍法帖の二本立て。楽しみです。

コメント