パトロクロスの遺体を守るメネラーオス

パトロクロスの遺体を守るメネラーオス(2007.2) FinePix F31fd

これもイタリア。フィレンツェシニョーリア広場に隣接するランツィ回廊に設置されている彫像のひとつ。オリジナルは紀元前3世紀頃のヘレニズム時代のものらしい。そのコピーがここに設置されたのが1500年代とのこと。
メネラーオスはギリシア神話の人物でスパルタ王の娘ヘレネーの婿。ヘレネーがトロイアの王子パリスに奪われたことから兄アガメムノーンに泣きついてトロイア戦争を始める。パトロクロスはギリシア神話の人物で、英雄アキレウスの親友。トロイア戦争に参戦し、討ち死に、その遺体を巡って激戦が展開され、メネラーオスがその遺体を守った、という話だそうだ。
イタリアの広場にはたくさんの彫像が点在するが、こういう昔話を知ってたら一連の彫像がストーリーを持って見れてもっと面白かったんだろうなあ。次行くときは神話の勉強もしていかねば。

 

小笠原諸島の海底火山が歴史気的な噴火。その噴火に伴う軽石が、沖縄や奄美の海岸に大量に漂着しているという。映像を見ると深さ30センチ以上はありそうな分厚い砂の層が広範囲に海岸に打ち寄せられている。辛抱さんの話では水冷式のディーゼルエンジンを積むほんどの船舶は一発でアウトという。この軽石は黒潮に乗って九州から本州へも流れ着くと予想されている。漁業や観光業はもちろん、海水を冷却に使う海岸域の工業地帯や原発、さらには海上安全保障などへの影響が心配される。

 

日経平均 28,769.19 -50.9
ドル・円 113.69 +0.09

 

ところでmacOS Montereyにアップデートしようかと思ったら、どうもmacOSのアップデートはリリースから1〜2ヶ月待つのがデフォルトみたい。Appleが他社の製品を気にせずにリリースするからだって。Montereyもバージョンが12.0.1となってるからすでに不具合対応してるのかと思えばさにあらずで、最初の一般リリースのバージョンが12.0.1らしい(12.0.0は新製品にプリインストールしているバージョン)。危うい危うい。

 

ブラウジング中にちょっと危険なページを開いてしまった(ビープ音と共にニセのセキュリリティ警告を発するサイト。このビープ音というは心臓に悪い)ので、そんな鬱陶しいサイトを事前にブロックするなにか有効な手立てはあるか調べていたら、Chromeの設定でそれらしいものを発見。どうも最近追加されたものらしい。「保護機能強化」という設定なのだが、とりあえずオンにしてみた。Googleに閲覧データを送信する必要がある、とあるのが気になるが…。ま、モノは試しだ。

 

航空・旅行アナリストの鳥海高太朗氏の話によると、旅行は現地払いでGOTO前に予約、GOTOなければキャンセル、がおすすめらしい。1〜2月がGOTO本命とのこと。
兵庫県も独自のキャンペーンを始めていて売り上げ好調のようだ。

兵庫県 ふるさと応援!ひょうごを旅しようキャンペーン
ふるさと応援!ひょうごを旅しようキャンペーン。兵庫県に在住の全ての方にご利用いただけます。

 

政府は5ー11歳にファイザーという驚くべき話。ワクパスにしろ子供たちへの接種に同調圧力がかかるものは反対だ。それより前に医療体制を整えるべきだ。5類に落として。特効薬とされるイベルメクチンなどへの製薬業界の圧力も問題。ほとんど発症もしないわずか人口比6%の子どもたちにまだ治験途中で安全性が確認されていないmRNAワクチンを打とうという大人の考えが理解不能だ。いったい何を守ろうとしているのか。子供たちが大人にうつさないように、というのは真逆で、なら大人が打って子どもたちを守るべきではないか。それにしても、諸外国が自由を重視する反ワクチン勢力が一定程度いるのに比べて日本人に染み付いている政府やマスコミの同調圧力に従って右に倣っとけば安心という精神構造は、先の戦争を例に引くまでもなく非常に危ういと思う。
そんな僕は子どもたちを守るために明日2回めのファイザーを打つ。

コメント

  1. あつし より:

    今日のイラストもいいですね〜!
    “雑観”の意見に私も激しく賛成です。
    一体何を守るんでしょうかね…

    • でっく でっく より:

      あつしさん、ありがとうございます。
      明後日の総選挙で有権者がどういう判断をするのか興味深いです。