本居宣長四十四歳自画自賛像

本居宣長, Public domain, via Wikimedia Commons

本居宣長四十四歳自画像。安永2年(1773年)。子どもの勉強に出てきたので記憶を呼び戻すべく。本居宣長は江戸時代中〜後期の国学者。古事記を研究した『古事記伝』など。伊勢松坂(三重県)の人。

 

今月末の総選挙に向けて選挙戦真っ只中。ニュース媒体では各政党の政策に対するポジションを図解してくれているので、候補者選びに役立つ。保守寄りでは自民、維新だが、国民民主も意外といいところをついているという印象。

菅義偉自民党の歴史的大勝~来たる衆議院総選挙における各党の得票数予測~|池戸万作@政治経済評論家・経済政策アナリスト|note
 東京都知事選挙以来、約3か月ぶりの、久しぶりのnoteになります。今回はツイッターの方でつぶやいたツイートの内容を再編集し、noteの記事化にして上げようと思います。今回は、もし早期に解散総選挙が行われた場合の現時点での大まかな各党の得票数(得票率)予測となります。今回の記事は、その得票数予測を政治思想の左右に基づい...

地元兵庫6区は現職大串さん(自民)、桜井さん(立民)と市村さん(維新)の三つ巴。野党共闘のおかげで候補者が絞られて選びやすくなった。最後はルックスで選ぶ人も多そうだが(笑)、そういうのは最近はルッキズムといって批判される。しっかり中身を見たい。

ルッキズム - Wikipedia

兵庫県は今日から、大阪府は25日から飲食店の時短要請を全面解除するとのこと。これで心置きなく飲み会ができるのかな?第6波までのつかの間の休息か。

 

日経平均 28,708.58 -546.97
ドル・円 114.03 -0.29

しばらくウォッチしていなかったが、日々乱高下はしているものの、結果日経平均もドル円も以前とそれほど大きく変わってない。しばらく日経平均は2.7〜3万あたりを大きくボックス圏内に行ったり来たりするのかも。

 

タイガースもいよいよ逆転Vへ本格発進。残り4試合。

先日の秋華賞は注目ソダシが散々だったよう。一度は生で見たい。

 

石井妙子著『魂を撮ろう ユージン・スミスとアイリーンの水俣』。非常に感銘を受けた映画「MINAMATA」からユージン・スミスのことをより深く知るべく読んでいる本。映画「MINAMATA」は事実に基づくフィクションだが、その事実の部分が非常に明瞭になり胸に迫る。読み終えたら再度映画を観に行く予定。

魂を撮ろう ユージン・スミスとアイリーンの水俣 (文春e-book) | 石井 妙子 | ノンフィクション | Kindleストア | Amazon
Amazonで石井 妙子の魂を撮ろう ユージン・スミスとアイリーンの水俣 (文春e-book)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

コメント