在宅療養への方針転換は5類感染症への格下げが前提条件

日中外を歩くとまるでお湯の中を歩いてるようでふらふらしてきます…。コロナも用心ですが今の時期は熱中症のほうも十分用心しないと危険ですね。(-_-;)

中等症も原則入院対象に

先日のコロナ入院制限の政府方針について早速修正が入った模様です。

中等症も原則入院対象と明確化 政府、療養方針の資料を修正

政府は5日、新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえた患者の療養方針について、与党の撤回要求を踏まえて説明資料を修正し、中等症でも原則入院の対象とすることを明確化した。(産経新聞8/5)

出典: www.iza.ne.jp

ということで、中等症はⅠ類含めて全て入院が原則であることを明確にしたとのこと。まあ、最初の方針説明のときに言葉足らずなところがあったということで、実質は特に変更はないのでしょう。

いずれにせよ保健所で目詰まりを起こさないよう指定感染症の5類格下げが必須だと思われます。

とそんなことを考えていたら、長尾ドクターがその点を詳しく解説しておられました(こちらこちら)。やはり政府の方針説明は必要な前提条件の説明が欠けているそうな。

そりゃ入院が原則の2類相当のまま在宅治療に方針変更するのは法的にも無理がありますわね。ということは政府もコロナをインフルと同様の5類相当に格下げする方向へようやく舵を切ったということでしょう。

ところで規制を解除したイギリス、感染者がどんどん減っていってるそうな。
規制撤廃の英、なぜか感染減 2週間で45%、科学者ら驚き(中日新聞)

なんだかんだいってもワクチンの普及が主な要因なのは間違いないでしょう。
日本もじきにその方向に向かっていくでしょうから、コロナ後の出口戦略をそろそろ考えたほうがいいかも。という僕自身はまだワクチンの予約すらできない状況ですが。(^_^;)

 

今日のメダル

オリンピックも残すところあと3日。学生の頃に少し空手をやっていたので今日は空手が楽しみでいそいそと帰宅。空手女子型の清水希容選手に期待しましたが、惜しくも銀。清水選手のライバル、スペインのサンドラ・サンチェス選手、39歳なんですが、カッコよかったなあ。納得の金ですね。ちなみに、型の試合のときに解説はいらないと思う。選手の気迫と衣擦れの音だけを聞きたいのだ。あと女子レスリング川井姉妹で金は素晴らしい。一方、女子卓球団体、やはり王者の壁は高かったですね。

コメント