新型コロナ 軽症は自宅療養を基本に 政府方針

昨日から大阪も緊急事態宣言。ただ人出の減少は限定的なようです。街に繰り出す高校生らのインタビュー映像をみて、そりゃ青春時代を自粛自粛で奪われたくないわなあ、と思わず同情してしまいました。

今日のコロナ

マスコミがあいかわらず感染者数で騒いでいるなか、政府が新たな方針。

感染急増地域、入院は高リスク患者のみに 政府方針

政府は2日、新型コロナウイルスの感染者が急増する地域で入院できるのは、重症患者や重症化リスクの高い患者に限るよう都道府県に求める方針を決めた。今は入院と判断されている中等症と軽症の患者は、リスクが低い場合は原則、自宅療養に転換する。無症状・軽症患者を対象としてきたホテルなどでの宿泊療養については、家庭内感染の恐れなどがある人に限る。(朝日新聞8/2)

出典: digital.asahi.com

医療逼迫の危険がある地域では、都道府県の判断で、自宅療養を原則とし、入院は重症患者や重症化リスクが高い中等症患者に限るように要請する、とし、これまでの「軽症や無症状が自宅または宿泊療養、中等症以上が原則入院」という方針が転換されることに。

さらに開業医による団体である日本医師会にも基本方針にもとづく協力を要請。

菅首相 新型コロナ ”自宅療養を基本”で医療団体に協力要請

新型コロナウイルスの医療提供体制をめぐり、菅総理大臣は日本医師会など医療関係団体の代表と会談し、重症患者などを除き、自宅療養を基本とするとした方針をまとめたことを受けて、必要な体制の整備に協力を求めました。(NHK NEWSWEB)。

出典: www3.nhk.or.jp

軽症者・中等症者は基本自宅療養にするんで、その分地域の診療所は往診やオンライン診療で適切な治療を提供してくれ、という。中川医師会会長はこれを積極的に受諾。

政府の方針はあくまで「指定感染症」の位置づけは維持したまま、無症状と軽症者・中等症者への対応の見直しを図るということのようです。
これに対しては、自宅放棄だとか、相変わらず保健所で目詰まりを起こして重症化させる危険があると批判されています。やはり更に進んで指定感染症の格下げで、どこの診療所でも初期治療を受けられる体制作りが必要なのでしょう。

ちなみに最近のデルタ株による重症化率や致死率をみても、ほとんどインフルと同じ普通の病気になったと多くの医師が言っています。コロナ病棟で働く知人の医師も同様で、「軽症患者が増えることは必ずしも悪いことではない」とも。「感染=善」という発想の転換が必要、という長尾ドクターの提言と一致しますね。コロナの現場で働く医師は概ねそのような感覚なのかもしれません。

なお、現在のコロナ医療の問題点については次の長尾ドクターの取材記事がよくまとまっていておすすめです。→「開業医に治療を拒否できないように」 日本一コロナ患者を診た「町医者」が語る日本医師会の問題(デイリー新潮)

 

今日のメダル

オリンピック、サッカー最後まで粘りましたが残念ながらスペインに惜敗。最後に実力差か。銅メダルに向けて最後までがんばって欲しい。
その他、今日は久しぶりに3日ぶりにゴールドラッシュ。体操の男子種目別鉄棒で橋本大輝、ボクシング女子フェザー級入江聖奈。レスリング屋比久翔平は銅メダル。

コメント