空腹の最大のメリットはオートファジー

今日の筋トレ

ダンベル(フレックスベル)で家トレ。分割法で一日1種目。今日は腕の日。
ストレッチの後に腹筋、筋トレの合間にスクワットを入れています。

  • ダンベルカール(上腕二頭筋)
  • リバースダンベルカール(前腕屈筋群)
  • ダンベルフレンチプレス(上腕三頭筋)
  • オルタネイトダンベルカール(上腕二頭筋)
  • ダンベルキックバック(上腕三頭筋)

今日のダイエット

昨日ダイエット宣言をして、今日朝からカロリー計算をいろいろ試してみたんですが、すこぶるめんどくさい…。どうも続きそうにないので、例の8時間ダイエットをもうちょっと調べてみました。すると、やはり筋肉が落ちるのは確からしいですが、その分タンパク質補給と筋トレで補えば良い、という意見も。となると、カロリーを気にすることなくダイエットできる8時間ダイエットは魅力です。

ちなみに、8時間ダイエットは空腹時間がキモだそうで、空腹の最大のメリットはオートファジーが働き出すことだそうです。オートファジーって何かというと…

タンパク質は、私たちの生存に欠かせない栄養素です。普段は食べ物から必要なタンパク質を作っているのですが、栄養が入ってこないと、体の生存機能により『体内にあるもの』で、タンパク質を作り出そうとします。これが、オートファジー機能

「その『体内にあるもの』とは、古くなって壊れたりした、細胞内のタンパク質です。これが体内で放置されたままだと、体の不調や病気の原因となります。ですが、オートファジーが機能することで、その不要なものや老廃物が一掃でき、若々しい体になると言う仕組みなのです」(青木医師)

出典: news.yahoo.co.jp

オートファジーが働き出すのは空腹12時間ぐらいかららしいので、まずは夕食から朝食まで12時間空けることから始めてみようかと考えています。これくらいならスグにでもできそう。

コメント